プラスチックが原因で2048年に天然の魚介類が壊滅する恐れがある

●プラスチックが原因で2048年に天然の魚介類が壊滅する恐れがある
 
2006年、アメリカの科学専門誌「Science」に
2048年までに天然の魚介類が壊滅してしまうという報告が発表された
50年間の海洋調査や魚群記録を解析した結果、
世界で捕られた魚種の29%が、1/10の漁獲量に減少していた
 
その原因は、プラスチック
プラスチックは分解が難しく土に還らない
毎年800万トンのプラスチックが海に廃棄されている
将来的には肴よりもプラスチックの方が
多くなるのではと言われている

(0)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク